2018年年末、大幅値下がりしたSSDを有効活用しよう!

2018年はSSDの価格が約50%値下がり

Th CH0A3444 12018年も年末の11月ですが、今年は例年に比べてSSDの価格が大幅に安くなっています。2018年の年初のSSD(2.5インチ,6Gb/s)の価格は、500GB程度の製品で2万円弱、1TB程度の製品で4万円弱でした。しかし11月に入ってからは、500GB程度の製品で1万円弱、1TB程度の製品で2万円弱と約50%も値下がりしています。これはあくまで平均的な価格で、最安値や特価の場合はそれよりもさらに安い場合も。

SSDには様々な利用用途があります

価格が安くなってくると、以前よりも気軽に色々な用途に利用できるようになります。中でも既存のノートパソコンをSSDに載せ替えるのも効果絶大です。Windows PCだけではなく、ハードディスクタイプのMacBook Proも換装できます。しかし、実はこれにはデータのバックアップを取ったり、OSの再インストールや、場合によってはハードディスクのクローンを作成したりと、初めて行うにはなかなか手間のかかる作業です。

オススメの用途はPS4

とはいえ、せっかく安くなったSSD、もっと手軽に恩恵が受けられるものはないかというところで、筆者がオススメしたいのはPS4のハードディスクのSSD換装です。構造上、ノートパソコンに比べて簡単に載せ替えができる上、PS4上での引越しツールなども充実しています。PS4のハードディスクをSSDに換装することによって、ゲームの読み込みが大幅に速くなります。また、SSDはハードディスクに比べて衝撃に強いので、物理的な振動などでPS4故障する可能性が低くなります。

実際の換装方法はこちらのサイトがオススメです。

秋の夜長はPS4のSSD化でゲームを堪能せよ! Part 1:内蔵ドライブSSD換装編

まとめ

SSDが近年稀に見る値下がりを起こしています。

・パソコンのハードディスクをSSDに換装して起動や作業を高速化。OSの起動が1〜2分かかっていたのものが30秒ほどで起動するように。Photoshopやイラレの起動が20秒くらいかかっていたものが5秒ほどで起動するように。ファイルのコピーや、通常のフォルダやファイルへのアクセスも早くなります。

・PS4のハードディスクをSSDに換装してゲームを高速化。モンハンやFPSなどのステージローディングが高速化されます。

これを機会に興味がある方は、ハードディスクをSSDに換装してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です