• HOME
  • MacBook Pro2016・2017のSSDをおトクに換装する方法

MacBook Pro2016・2017のSSDをおトクに換装する方法



MacBook Pro2016・2017のSSDをおトクに換装する方法

Th macbookpro ssd

こんにちは。渋谷データ復旧便です。 2019年も秋になりましたが、最近MacBook ProのSSDが交換できるようになったのはご存知でしょうか?正確に言うと全ての機種ではありませんが、MacBook Proの2016 2017のファンクションキーモデルのSSDが交換できるようになりました。(2018年以降は無理です)

ファンクションキーモデルのSSDの交換が可能に

Th IMG 0622

ファンクションキーモデルというのは、キーボード上部ののいわゆるFキーが物理的なキーとして展開されているモデルです。それに対して、タッチバーモデルという、Fキーが液晶パネルになっているモデルです。

これらのモデルは搭載されているSSDの種類が違います。タッチバーモデルはSSDが基板に直付けのため交換することができません。対して、ファンクションキーモデルは、SSDが着脱式になっており、交換することができます。但し、今まではこの交換できるタイプのSSDが市場に出回っていなかったため、実質容量のアップグレードは無理でした。

それが、最近になって、このタイプのSSDが発売されるようになりました。日本では秋葉館で1TBタイプの取り扱いが始まっていますが、中国のAliExpressやebayなどでも購入することができます。

すごくオトクにSSDを交換する方法

Th スクリーンショット 2019 10 19 1 07 45

そこで少しケチですが、お得にSSDをアップグレードする方法を思いついてしまいました。この方法は128GBもしくは256GBの方が256GB・512GBにアップグレードする場合に有効です。

実は今早速、このSSDを購入してアップグレードする人が多いためか、上記eBayなどのサイトには128GBや256GBや512GBのSSDが大量に出品されています。

そこで、現状256GBのSSDが搭載されているMacBookProを、市場にだぶついている中古の512GBに交換するという方法です。現状512GBは日本では売っていませんが、これをebayなどで個人輸入すると送料や関税を含めて40000円ほどになります。そして無事に交換した後に自身の128GBや256GBのSSDをオークションなどで売ります。すると128GBで8000円ほど、256GBで23000円ほど売れるので、その差額で512GBにアップグレードできるのです。うまくいけば、256GBから512GBで1700円ほどでアップグレードできそうですね。

あくまで海外相場から計算した理想的な値段ですが、いずれヤフオクやメルカリでもSSDの中古が出てくることになりますので日本でも差額でアップグレードできるかもしれません。

メリットとデメリット

メリット

これだとなかなかお得だと思いませんか?デメリットは中古になってしまうことと、現状中古品はebayなどの輸入になってしまうことです。しかし、流行りだすと、ヤフオクとかにも中古のSSDが結構出回ってくるかもしれません。

1TBは中古がどこにも出回ってないので、このお得な方法は128GBを256GB・512GBに、256GBを512GBにアップグレードする方限定です。

まとめ

元々、ハードディスクタイプのMacBookProや、RetinaモデルのMacBookProも交換が可能だったのですが、現行モデルに近い2016年以降のMacBookProはSSDの交換はできませんでしたが、今回一部ですが、2016年以降のMacBookProのSSDが交換できることになりました。購入時に予算の都合で256GBのモデルを買われている方も多いと思います。 これを機会にSSDのアップグレードを検討してみてはいかがでしょうか?

ちょっと宣伝

渋谷データ復旧便では、SSDのアップグレードに対応しております。ご自身でMacBookProを分解するのが不安な方、データを安全に移行したい方は、お問い合わせください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です