• HOME
  • 【カメラマンの皆様にお願い】写真データ復旧率UPのためにご協力お願いします【JPG・RAW】

【カメラマンの皆様にお願い】写真データ復旧率UPのためにご協力お願いします【JPG・RAW】



Th adapter blur connection 175449

当社ではパソコンのデータ復旧サービスを行なっていて、SDカード・コンパクトフラッシュ等の復旧も受け付けています。

業務経験の中で得た、ユーザーの皆様に是非とも知っておいていただきたい「復旧率UPのコツ」についてお話しします。

 

「動作が怪しいと思ったら、触らない」!!!!

復旧率を下げてしまう要因として、2つあります。

・生き残っているデータに上書きしてしまう
・機器(カメラなど)に言われるままフォーマット(初期化)してしまう

Th フォーマットwindowsスクリーンショット 2019 08 21 15 07 31

ご存知の方も多いかと思いますが、デジタルカメラなどで削除したデータも、SDカード上にはデータが残っています。それをデータとして読み出せるようにするのが復旧作業です。

ここで、上のように上書きや初期化をしてしまうと、復旧できる可能性のあるデータを壊してしまうことに繋がります。

なので、動作が怪しいと思ったら、そのカードは取り出して、触らないようにしてほしいのです。これだけで、復旧率がグッと高まります。

 

SDカードを取り出した。その後は?

SDカードは端子むき出しの上、小さくて破損しやすい為、取扱いに注意しましょう。

以下の点も気をつけてあげると尚良いので参考にしてください。

・端子部分に触れる
・むき出しで保管をする

手の油や汚れ、湿気などで壊れてしまうリスクがあります。また静電気にも弱い為端子には触れないようにしてください。
専用ケースなどで保管をしないと、ホコリ等でキズがついたり、故障させることがあります。

専用のケースとありますが、購入時に付属しているケースでも問題ありませんのでそちらでの保管をオススメします。

 

写真に限らず、音楽やデータを保存できる、小さくて便利なSDカードですが、様々な場面で使用する事が多いからこそ、不調や壊れてしまった場合に困ってしまいますよね。

万が一、読み込まない等のデータ破損があった場合は、弊社までご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です